歯科衛生士が行う居宅療養管理指導

実践!口腔ケアマニュアル

公開日:

「毎週、一人で来ている歯科衛生士は、具体的にどんなことをやっているの?」と不思議に思っていたグループホームの新人職員が歯科医院たずねたところ、「居宅療養管理指導を行っています」と言われたそうです。

歯科衛生士が行う居宅療養管理指導は、訪問歯科診療を行った歯科医師の指示に基づき、患者(利用者)またはその家族の同意を得たうえで行う専門的な療養上の管理・指導です。

そのため、歯科医師と共同で管理計画書を作成し、利用者または家族に交付してから開始します。計画に従った療養上必要な実施指導は毎回1対1で20分以上行います。この歯科衛生士の単独訪問による居宅療養管理指導は、歯科医師の訪問日より3ヵ月間行うことができます。

歯科衛生士の行う居宅療養管理指導は、口腔機能スクリーニング、アセスメント、管理指導計画、モニタリング、評価等の手順が詳細に決められています。管理指導計画書のなかには「口腔機能改善管理指導計画」の部があり、「ご本人またはご家族の希望」と「解決すべき課題・目標」を記載する欄があります。ご本人の希望は、実に人さまざまで「うなぎが食べられるようになりたい」とか「はっきりとした言葉を言えるようになりたい」等、具体的にご本人の言葉で書かれています。

居宅療養管理指導を行う際、患者本人の口腔機能改善へのモチベーションを維持させるために、歯科衛生士のなかには、新しい入れ歯を入れて食べられるようになったときなどに、好物の食べ物を料理するレシピを紹介して好評を得ている人もいます。

このときiPad等のタブレットPCでクックパッドを使って見せるとわかりやすく喜ばれるそうです。クックパッドは、日本最大の料理サイト。冷蔵庫のなかにある材料を検索フォームに入れるとレシピが表示されるので「今日の晩ご飯は何にしようか」という主婦の方にも大好評らしいですが、ある歯科衛生士は独自の使い方をしているようです。

検索に「嚥下」とか「介護」というキーワードを入れてレシピを探すそうです。こうして嚥下障害の方や固いものを食べられない方向けのレシピを探しているのです。患者さんごとに口腔状態や全身疾患の状態が異なるので、レシピに書かれた材料や調理法等の内容をくわしく確認して、これなら大丈夫というレシピをプリントして渡すこともあるようです。

ここまで細かく指導できるのは、歯科衛生士の知識と経験に加え、患者さんの状態をくわしく記録しているからです。

「歯科衛生士が行う居宅療養管理指導」のまとめ

ここがポイント
  • 歯科衛生士が行う居宅療養管理指導は、訪問歯科診療を行った歯科医師の指示に基づき行う、専門的な管理・指導
  • 患者の口腔状態や全身状態に合わせたレシピを紹介してくれることもある

「口腔ケアチャンネル」関連動画

▼無料動画986本公開中!▼

口腔ケアの取り組みやお役立ち情報が満載の動画を
ご登録いただいたメールアドレスへ毎日配信します。

Copyright©Nihon Houmonshika Kyokai All Rights Reserved.