入れ歯の管理方法

実践!口腔ケアマニュアル

公開日:

快適に入れ歯を使い続けるためには、自分の歯と同じように手入れが必要です。ついついおろそかになりがちですが、正しい方法を習慣にしてしまえば、入れ歯を快適に使い続けることができます。今回は「入れ歯の管理の仕方」を説明します。

■入れ歯の清掃
入れ歯は一人一人の歯の欠損に応じて作製されるオーダーメイドのものですから、構造が複雑です。そのため、一見きれいに見えても、実際には磨かれていない部分も多くあります。意外に見落とされやすいのが、薬を飲んだ後の汚れです。細粒が入れ歯の裏側に入り込み、汚れとなることがよくあるのです。

  1. 入れ歯の床の内面、金具の内側、残っている歯との接触面は特に汚れが取れにくいので、ていねいに磨きます。
  2. 入れ歯を落として排水溝に流さないよう、洗面器を使用します。
  3. 入れ歯専用歯ブラシがなければ、一般の歯ブラシでも十分役に立ちます。
  4. 歯磨き粉は使用してはいけません。

■保管

  1. 取り外した入れ歯は、乾燥させるとひび割れや変形を起こしてしまいます。保存容器の水のなかに浸して保管し、水は毎日交換します。
  2. 変形・変質の原因となるので、熱湯やアルコールでの消毒は避けます。
  3. 認知症の人は、施設等で他人の入れ歯をつけたり、紛失したりすることもあるので、入れ歯に名前を入れることをお勧めします。

■夜間の取り扱い方

  1. 必ず流水で洗ってから保管します。
  2. 口内炎を予防し口腔粘膜を安静に保つために、入れ歯ははずして就寝しましょう。特に小さい入れ歯は誤嚥する危険があるので注意が必要です。
  3. 就寝時等に入れ歯洗浄剤を使い、翌朝はよく洗浄してから装着します。

■注意事項
噛んだときに違和感や痛みを感じるような場合には、必ず歯科医師に調整をしてもらいましょう。入れ歯をヤスリ等で削るようなことはしてはいけません。

全身状態の変化によって体重が減るなどすると、入れ歯が不適合になることがよくあります。特に異常を感じていなくても、かみ合わせが悪くなっていたりして、あごの関節に負担をかけていることもあります。

介護者が口腔ケアを行う場合には、入れ歯だけでなく、口腔粘膜にも異常がないかを確認してください。また特に問題がないようでも、最低でも年に1回は歯科医の点検を定期的に受けるようにしましょう。

第19回日本訪問歯科医学会開催のお知らせ

第19回日本訪問歯科医学会を御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて、次の要領で開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

テーマ:今だ!夢ある医科・歯科・介護連携
開催 :2019年11月10日(日)10:15〜16:30

>>お申込みはこちらから

「入れ歯の管理方法」のまとめ

ここがポイント
  • 入れ歯を快適に使い続けるために、清掃、保管、夜間の取り扱い、に注意して手入れを行う
  • 噛んだときに違和感や痛みを感じるときは、歯科医に調整してもらうこと

「口腔ケアチャンネル」関連動画

口腔ケアについて現役の歯科医師が3分動画で分かりやすく解説します。

▼無料動画986本公開中!▼

口腔ケアの取り組みやお役立ち情報が満載の動画を
ご登録いただいたメールアドレスへ毎日配信します。

Copyright©Nihon Houmonshika Kyokai All Rights Reserved.