訪問歯科診療ニュース カムカム通信 歯から元気!「カムカム通信」は、訪問歯科診療の普及のために当協会が発行しているレポートです。介護事業所での口腔ケアへの取り組み事例をご紹介しています。

  • 95
  • 2012.04

COMECOME倶楽部

家庭的な雰囲気づくりを心がけているという【医療法人宗光会今野病院 グループホーム青葉】(福岡県大牟田市)では、入居者の生活の中に自然に楽しく口腔ケアを取り入れていけることを目標にしています。

お一人お一人に合った口腔ケアの方法をもっと学びたい

お一人お一人に合った口腔ケアの方法をもっと学びたい

私どもグループホーム青葉でも、入居者を対象とした『お口の健康相談会』を行いました。
これまで、痛みなどお口の違和感を訴えた方がいらっしゃったときには個別に対応することはあ
りましたが、お口の健康に関しては、とりたてて特別な取り組みは行っていませんでした。
 
『お口の健康相談会』に来ていただいた歯科の先生は、嫌がる方には無理強いをせずにひと呼吸
おくなど、認知症の方の対応にもとても慣れていらっしゃるようでしたので、こちらとしても安心してお任せすることができました。きれいな女性の先生だったこともあって、利用者さんの反
応もよかったです。
お口の状態を健康に保つことは、生きていく上でとても大切です。入居者の方のケアはもちろん、自分自身の口腔ケアもきちんと行わなければと、改めて思いました。

いかに抵抗感なくお口を開けていただくかが一つの課題 『お口の健康相談会』の結果から、私たちが思っていた以上にお口の中が汚れていることを改めて知りました。そこで、お一人お一人のお口の中をじっくり見るようになり、ブラッシングにも時間をかけるようになりました。
グループホームは入居している高齢者の方々が日常生活を行う場所。嫌がる方に対して、いかに楽しくお口を見せていただくか、ということが大きな課題です。
お口の中は、皆さん違う状態です。相談会の結果を踏まえて、お一人お一人にどういうケアが必要なのか、個別の対応法についても、今後先生にいろいろ教えていただけたらいいと思っています。 スタッフの口腔ケアの スキルアップのために 入居者と直接向き合っているスタッフからは、口腔ケアのより具体的な方法をもっと知りたいという声も上がりました。入れ歯をつけたりはずしたりするときに、嫌がって拒否されることも多いのです。入れ歯をはめたほうがよいことはわかっているのですが、無理強いもできず、だんだんはめなくなってしまう……。
部分入れ歯の場合は、はずし方にもコツもあり、一度は拒否しても時間をあけてほかのスタッフが対応すると応じてくださる方もいるので、スタッフの技量も影響しているかもしれません。
今後は、こういう勉強会もぜひ行っていきたいと考えています。

ワンポイントアドバイス 今日から始める。簡単お口のケア!

歯医者さんにかかるタイミングお口で気になる症状があったら、早めのタイミングで歯医者さんに相談することが、全身の健康維持にもつながります。

●痛み、出血、口臭
朝起きると口の中がねばつく/疲れると歯ぐきが腫れ、痛みもある/歯ぐきがぶよぶよする/歯ぐきから出血しやすい/歯がぐらぐらしている/口臭がきつい など
歯周病の可能性があります。放っておけば歯が抜けるだけでなく、あごの骨がとけたり、糖尿病の悪化につながったりします。

●入れ歯のトラブル
入れ歯が外れやすい/口を開閉するとカタカタ鳴る/硬いものが噛めない/入れ歯をすると味がよくわからない/金具が舌などに当たる など
我慢していると口内炎ができたり、お口の機能が低下することもあります。入れ歯は定期的な調整が必要です。

●飲み込みのトラブル
食べ物を飲み込みにくい/食事中によくむせる/飲み込んだと
きに声がかすれる/口のはしから食べ物がこぼれる、よだれが出る/発熱、肺炎を起こしやすい など
嚥下機能が低下している可能性があります。食事が取れなくなったり、誤嚥性肺炎

発行/SOSデンティスト 一般社団法人 日本訪問歯科協会
〒101-0037 東京都千代田区神田西福田町4 ユニゾ神田西福田町ビル8F TEL:03-5297-5073 FAX:03-5294-1150

  • 患者の皆様へ 訪問歯科を申し込む
  • 介護事業者の方へ 「お口の健康相談会」を実施するには

Copyright©Nihon Houmonshika Kyokai All Rights Reserved.