訪問歯科診療ニュース カムカム通信 歯から元気!「カムカム通信」は、訪問歯科診療の普及のために当協会が発行しているレポートです。介護事業所での口腔ケアへの取り組み事例をご紹介しています。

  • 58
  • 2009.01

COMECOME倶楽部

『株式会社セイジョー ビッグマザー清瀬』(東京都清瀬市)で行わ れた口腔ケアの勉強会について、スタッフの皆さんの感想や今後の 要望を伺いました。

実体験型の勉強会で口腔ケアのポイントを再認識

実体験型の勉強会で口腔ケアのポイントを再認識 口腔ケアの勉強会をしてみた感想をお聞かせください 歯は80歳までに20本あればいいと思っていますが、自分では三度の食事の後に普通に歯磨きするくらいでした。けれども、勉強会の時にカラーテスターでチェックしてもらったら、磨き残しがたくさんあって驚きました。自分の歯磨きの雑さに気づき、教えていただいたデンタルフロスを、勉強会終了後すぐに購入して使っています。歯磨きの認識が変わりました。
下村 歯磨きのやり方はわかっていたつもりでしたが、先生や歯科衛生士さんに指導していただくと、こうも違うものなのかと思いました。うちは子どもがまだ小さく、子どもの歯磨きも私がしているので、気をつけるポイントもわかりました。また、入れ歯は食事の時以外ははずすものだと思っていたのですが、常に入れておくものだということを知り、とても勉強になりました。
白井 これまでは、入れ歯をして噛んで不自由がなければ大丈夫だろうと、利用者様の口の中まで気が回らないこともありました。けれども、入れ歯でも口腔ケアをしなければいけないと再確認し、反省しました。
また、少人数の勉強会に先生がわざわざ来て熱心に指導してくださったことに驚き、好感を持ちました。 (大坪) ―利用者様の中には、訪問歯科診療を受けられた人もいるそうです が、利用者様の声はいかがですか? 担当のヘルパーがこの勉強会を受け、入れ歯の不具合が感じていた利用者様に訪問歯科診療を勧めました。その方は以前に他の訪問歯科診を受けていたようですが、「前の先生はもう嫌だ」とおっしゃったので、日本訪問歯科協会に連絡したのです。すぐに対応してくださり、利用者様もとても喜んでいます。診察結果もこちらにFAXで教えてくださるので、今、治療がどんな経過で行われているのかもよくわかり安心です。 (神山) 当協会への今後の要望などがありましたら、お聞かせください。 実は以前も口腔ケアの勉強会に出席したことあるのですが、1回だけだとその場限りで忘れてしまうんです。その時は感激しても、いつの間にか自己流になったり……。ヘルパーの入れ替わりもあるので、できれば継続して勉強会を行っていただきたいです。一度だけでなく何度か行えば、技術や知識がしっかり身についてよいと思います。
白井 今回の勉強会はお話だけでなく実践だったので、自分の口の中の汚れに愕然とし、インパクトがあって印象に残りました。参加者の人数が多いと大変かもしれませんが、次回も実践を取り入れてお願いします。(神山)

ワンポイントアドバイス 今日から始める。簡単お口のケア!

口腔ケアは誰のために?抵抗力や体力が落ちている人にとって、お口の中の細菌は大敵です。口腔内の細菌が誤嚥性肺炎の原因となるばかりではなく、血管障害、心臓病、糖尿病などの疾患を引き起こすこともわかってきています。
要介護者のお世話をする介護者の方は、日々の介護に追われ、お口の中の異変に気づいた頃には、かなり悪化していることが少なくありません。けれども、全身の病気を併発したら、入院をしたり、看病にかかりきりになってしまったりで、さらに介護者に大きな負担がかかることにもなりかねません。もしかしたらその病気は、口腔ケアをすることで予防できるかもしれません。

口腔ケアのメリット要介護者にとって・QOL(生活の質)が向上する喜び
・自分の口で食事をおいしく食べ  ることのできる喜び
・家族と同じ食事を一緒に食べられる喜び

介護者にとって・要介護者が元気になる喜び
・介護の量が軽減される

口腔ケアは介護を受ける側だけでなく、介護をする側にとっても大きなメリットをもたらします。

発行/SOSデンティスト 一般社団法人 日本訪問歯科協会
〒101-0037 東京都千代田区神田西福田町4 ユニゾ神田西福田町ビル8F TEL:03-5297-5073 FAX:03-5294-1150

  • 患者の皆様へ 訪問歯科を申し込む
  • 介護事業者の方へ 「お口の健康相談会」を実施するには

Copyright©Nihon Houmonshika Kyokai All Rights Reserved.