訪問歯科診療ニュース カムカム通信 歯から元気!「カムカム通信」は、訪問歯科診療の普及のために当協会が発行しているレポートです。介護事業所での口腔ケアへの取り組み事例をご紹介しています。

  • 37
  • 2006.11

COMECOME倶楽部

「楽しく遊んで!」「おいしく食べて!」「元気な笑顔!」の3つのテーマで、高齢者の生活意欲の向上をめざす、ケアパートナー株式会社(新潟県)では、口腔ケアの定着・徹底を、積極的に利用者様に提案しています。

勉強会で得た知識を活かし、口腔ケアの定着・徹底を自信をもってアプローチ

勉強会で得た知識を活かし、口腔ケアの定着・徹底を自信をもってアプローチ

私たち「ケアパートナー新潟西」でも、口腔ケアに関する勉強会を行いました。
その中で興味深かったのは、「歯にも再生能力がある」というお話です。お口の中のペーハーについても教えていただき、夜に口腔清掃をした後は、歯の再生能力が高まっていくというお話は非常に印象に残りました。
勉強会に参加したことは、スタッフの自信にもつながっています。利用者様に口腔清掃の説明をするときも、あいまいな表現ではなくて、断定的に説明できるようになったので、説得力が増したのではないかと思います。
また、私たちが勉強会を受けたということを利用者様にお伝えしたところ、どんな勉強をしたのかと、興味をもってくださいました。そうしたこともきっかけとなって、利用者様への口腔ケアの意識づけにつながっているのではないかと感じています。
勉強会で得た知識を活かして、口腔清掃の必要性をご説明し、口臭の軽減や唾液の分泌を高めるためにも、自宅でのケアの徹底をご提案していきたいと思っています。

歯科検診で、利用者様もご家族も満足 デイサービスの利用者様には、歯科検診も行いました。
「以前から歯医者さんいは行きたかったけど、近所には階段のある医院しかなくて…」、「一人で行くのが不安だった」などの声も多く聞かれていたので、念願かなって歯医者さんに診てもらえてよかったと、皆さんに満足していただけたようです。
また、ご家族の方もとても喜んでくださいました。私たちは、デイサービスでは、利用者様ご本人の生活レベルを高めるだけでなく、ご家族の方の介護負担も軽減していきたいと考えているので、喜んでいただけたことはとてもうれしく思います。 「次はいつ?」歯科検診への期待 歯科検診の後、何名かの方が訪問歯科診療を受けています。皆さん、痛みや不具合などが改善されたと、とても好評です。しかし、中には、「先生はやさしかったけど、今の状態や治療について、家族だけにではなく、自分にももう少しくわしく説明してほしかった」という声もあったので、そのあたりを少し配慮していただけたら、なおよいのではないかと思いました。
歯科検診はぜひこれからも続けていきたいです。前回の歯科検診後、新規の利用者様が30人くらい入ってきています。他の利用者様から「この前、ここで歯医者さんに診てもらった」という話を聞いたようで、「次はいつ診てもらえるのか」という問い合わせもいただいています。
ですから、なるべく早いうちにまたお願いしたいと思っています。

ワンポイントアドバイス 今日から始める。簡単お口のケア!

ドライマウス<1>通常、唾液は1日に1000?1500ml分泌されます。けれども、慢性的に唾液が不足すると、食べ物が飲み込みにくくなったり、舌に痛みを感じるようになったりすることがあります。
「ドライマウス(口腔乾燥症)」は、つねに口の中が乾燥した状態になることで、さまざまな症状が現れます。
最近、年齢を問わずにドライマウスの症状をもつ人が増えていて、日本に推定800万人いるとも言われています。

原因は?加齢による唾液腺の機能の低下/口呼吸/精神的な緊張やストレス/やわらかい食べ物を食べることが多い/薬の副作用/糖尿病や腎臓病など病気によるもの/シェーグレン症候群という自己免疫疾患などがあります。

おもな症状は?飲み込みにくい/舌が痛い/口の中がネバネバする/入れ歯がはずれやすい/味覚障害/歯周病や虫歯の悪化など、さまざまな症状を引き起こし、口の中の違和感や不快感がつねにあります。

発行/SOSデンティスト 一般社団法人 日本訪問歯科協会
〒101-0037 東京都千代田区神田西福田町4 ユニゾ神田西福田町ビル8F TEL:03-5297-5073 FAX:03-5294-1150

  • 患者の皆様へ 訪問歯科を申し込む
  • 介護事業者の方へ 「お口の健康相談会」を実施するには

Copyright©Nihon Houmonshika Kyokai All Rights Reserved.