訪問歯科診療ニュース カムカム通信 歯から元気!「カムカム通信」は、訪問歯科診療の普及のために当協会が発行しているレポートです。介護事業所での口腔ケアへの取り組み事例をご紹介しています。

  • 26
  • 2005.06

COMECOME倶楽部

1日の定員 10 名以下の、ゆったりとしたサービスを提供する 「デイサービス風音」(大阪市)では、認知症予防の観点から、 口腔ケアへの関心を高めています。

お口の中がきっちり整備 できれば食事も気持ちも 前向きになる!

お口の中がきっちり整備 できれば食事も気持ちも 前向きになる!

当施設では、認知症高齢者専用の通所介護事業を行っています。認知症の利用者の方々は、歯が痛くてもお口の中に不快感があっても、なかなかご自分からは「歯が痛い」とおっしゃってくれません。
けれども、デイサービスではお食事の時にお口の不具合に気づくことがあります。サービスにいらっしゃると、体温や血圧、脈拍などのチェックをしますが、バイタルサインが安定しているのに食事を召し上がる量がいつもより少ないとき、「どうしました?」と声をかけます。すると、「歯が痛い」とおっしゃる方は多いんです。何も言わなくても、食事量に顕著に現れるのです。

口腔ケアの取り組みはまずは食後のうがいから 先日、日本訪問歯科協会との連携で、利用者の歯科検診と職員向けの口腔ケアの勉強会を行いました。
検診を受けたほとんどの方が何かしらの口腔ケアが必要という結果に、ケアの不十分さを実感しました。
そこで、デイサービスに食後のうがいを取り入れました。以前はうがいによる軛むせ軣が心配だったのですが、「ガラガラうがい」ではなく、「ブクブクうがい」がいいと勉強会で歯科の先生が教えてくださったのです。最近では、食後は洗面台まで歩いて行ってうがいをすることが習慣化しつつあります。歩く機会にもなり、身体的にもよいのではないかと思います。
うがいで吐き出された水を見て、うがいをしなければこれだけの食べかすが口の中に残っているんだと実感。今後はブラッシングも取り入れていきたいと思っています。
また、検診を受けた方のうち、2名が訪問歯科診療を受けることになりました。お二人とも足が不自由なので、往診に来てくだ
さるのはとても助かると喜んでいます。

ワンポイントアドバイス 今日から始める。簡単お口のケア!

ご家族の方向けの口腔ケアの勉強会実現に向けてさらに、デイサービスのときだけでなく、ご家庭での口腔ケアも見直していただきたいと思っています。お口のことまで気が回らないとおっしゃる方も多いのですが、歯が悪くてお食事ができない↓体力が衰える↓活動意欲が低下する↓認知症が悪化する、ということもあるのですから。
そこで、ご家族の方にもぜひ勉強会に参加していただきたいのですが、現実問題として、認知症の利用者を自宅に一人きりにして外出できないということがあります。デイケアに一緒に来ていただくに
しても、送迎や会場となるスペースの問題があり、サービス提供時間内に組むということは意外と
難しいのです。
このあたりをなんとかクリアして、ご家族も参加しやすい勉強会を設定できればと思っています 。

発行/SOSデンティスト 一般社団法人 日本訪問歯科協会
〒101-0037 東京都千代田区神田西福田町4 ユニゾ神田西福田町ビル8F TEL:03-5297-5073 FAX:03-5294-1150

  • 患者の皆様へ 訪問歯科を申し込む
  • 介護事業者の方へ 「お口の健康相談会」を実施するには

Copyright©Nihon Houmonshika Kyokai All Rights Reserved.