訪問歯科診療ニュース カムカム通信 歯から元気!「カムカム通信」は、訪問歯科診療の普及のために当協会が発行しているレポートです。介護事業所での口腔ケアへの取り組み事例をご紹介しています。

  • 131
  • 2016.04

COMECOME倶楽部

【株式会社彩香らんど】(埼玉県)では、『お口の健康相談会』の結果がお口の状態を見直す決め手となり、訪問歯科へとつながった利用者様が何人もいらっしゃいます。

お口の健康相談会の結果が訪問歯科の説得力に

お口の健康相談会の結果が訪問歯科の説得力に 健康相談会の後は自ら進んでブラッシング 2015年11月に『お口の健康相談会』を行いました。
初めてでしたが、歯医者さんも歯科衛生士さんもとても親身になって利用者様に語りかけてくださり、上手にみていただきました。

お口の中はこれまでなかなか意識が回らないのが現状でしたが、相談会が終わった後は、利用者様の意識が高まりました。
当施設では以前から口腔機能向上加算に取り組んでいましたが、相談会後は加算を取っていない方も歯ブラシを持参され、ブラッシングする光景が見られるようになりました。

これまで、お口の中はご本人もご家族も見過ごすことが多かったのですが、相談会の後に、入れ歯が合わなくなったので、訪問歯科をお願いしたいという要望があり、すぐにケアマネジャーさんに情報提供させていただきました。
これも、大きな変化だと思います。 女性の先生だから安心して気軽に相談できる デイサービスで『お口の健康相談会』を行った後で、利用者様からの要望で、訪問歯科を利用されている方がいらっしゃいます。

歯に問題がある方にはこれまで、私たちケアマネのほうからも、訪問歯科をお勧めしていましたが、「必要ありません」と断られることもよくあります。
けれども、相談会ではその結果をきちんと報告書にしてもらえるので、それを見てご本人もご家族もお口の状態を知ることができ、「それならば」と訪問歯科を申し込まれました。

相談会の結果などに基づいて訪問歯科をお勧めすると、やはり説得力が違います。私としても利用者様のお口の状態を知ることができますし、ご家族の方も喜んでくださいます。

ある方のケースでは、訪問歯科を受けたことで、あると思っていたところに実は歯がなかったことが発覚! 
ご家族の方も気づいていらっしゃらなくて、だから食欲がなかったのかということがわかったとおっしゃっていました。

私自身も改めて口腔ケアの大切さを感じました。

『お口の健康相談会』と訪問歯科をやってくださるサン歯科の秋本先生は女性なので、安心していろいろなことがお話できます。
ケアマネとしても気軽に質問ができ、先生もていねいに説明してくださるので、サン歯科さんをご紹介することが多いのですが、ご家族の方にも「女性の先生で良かった」と言われました。

ワンポイントアドバイス 今日から始める。簡単お口のケア!

寝起きの口臭口臭は、生活習慣や食べ物、体調や時間帯によっても変化します。
その中でも、起床時や空腹時、緊張時、疲労時などに感じる口臭を「生理的口臭」と言います。

特に朝起きたの口臭は、「モーニングブレス」と呼ばれる誰にでも起こるもので、1日の中で最も強い口臭です。

朝、口の中がネバネバしているのは、寝ている間は唾液の分泌が減るために、雑菌を洗い流す作用が弱まって繁殖しやすくなるためです。

夜、寝る前に歯みがきをしても、起きたときに口臭が気になる場合は、睡眠中に口呼吸になっている可能性があります。

ただでさえ、睡眠中は唾液の分泌が減っているのに、口を開けて呼吸をすれば、口の中がさらに乾燥してしまい、雑菌がより増殖しやすくなります。

また、前の晩にたくさんお酒を飲んだり、寝酒をした場合にも口臭がきつくなります。
お酒を飲むとのどが渇きますが、これはアルコールは体内で分解されるときに水分を多く使うためです。
就寝中も口が乾き、唾液の分泌が減る原因となります。

他にも、歯はみがいていても舌が汚れていたり、むし歯があったりする場合にも口臭が強くなります。

夜寝る前には、歯みがきと舌の掃除をしっかり行いましょう

発行/SOSデンティスト 一般社団法人 日本訪問歯科協会
〒101-0037 東京都千代田区神田西福田町4 ユニゾ神田西福田町ビル8F TEL:03-5297-5073 FAX:03-5294-1150

  • 患者の皆様へ 訪問歯科を申し込む
  • 介護事業者の方へ 「お口の健康相談会」を実施するには

Copyright©Nihon Houmonshika Kyokai All Rights Reserved.