訪問歯科診療ニュース カムカム通信 歯から元気!「カムカム通信」は、訪問歯科診療の普及のために当協会が発行しているレポートです。介護事業所での口腔ケアへの取り組み事例をご紹介しています。

  • 103
  • 2013.03

COMECOME倶楽部

斉藤さんご自身の介護経験も踏まえ、四季折々の季節感が感じられるおいしい食事やサービスを提供したいという思いで始まった【デイサービス四季の家】(千葉県)では、利用者様の口腔ケアにもつねに気を配り、取り組んできました。

健康維持のために利用者様の口腔ケアのお役に立ちたい

健康維持のために利用者様の口腔ケアのお役に立ちたい

私自身も歯が悪いほうなので、歯のことには神経を遣ってきたこともあって、『デイサービス四季の家』では、介護保険で口腔ケアの加算が始まるとすぐに加算を取り、独自に取り組んできました。
以前は、別会社のデンタルケアサービスを利用していて、歯医者さんや歯科衛生士さんが来たり、スタッフとも勉強したりしていましたが、その会社がなくなってしまい、その後は私が通っている歯医者さんにつなぎでお願いして来てもらっていました。
それでも、やはり定期的に取り組んでいきたいと思っていたときに、タイミングよく日本訪問歯科協会と出会い、お願いすることになりました。

専門家にみていただくことの安心感 これまでに3回、利用者様向けの『お口の健康相談会』を行いました。相談会の結果は、歯科の先生が報告書にまとめてくださり、ご家族の方にお渡ししました。報告書にはお口の中のカラー写真も添えてあり、今、どんな状態なのかが、ご家族の方にも、そして私たちスタッフにもよく把握できたので、とてもよかったです。
口腔ケアについては、スタッフも日頃から気を配っていますが、専門の先生にみていただくことで新たな気づきもあるので、相談会のような機会は私たちにとっても必要なことだと思いました。 口腔体操のメニューのバリエーションが豊富に 『お口の健康相談会』後に訪問歯科診療をご利用されている方も何人かいらっしゃいます。歯医者さんまで連れて行くのは大変だけど、自宅で治療してもらえるのは、とてもよいシステムだと、ご家族の方もご本人もとても喜んでくださっています。訪問歯科診療の様子は、先生からFAXで細やかに報告いただき、状況が把握できるので助かります。また、先生は変な期待を持たせないというか、できないことはできないとはっきりおっしゃってくれます。そのうえで、その利用者様にとってベストな方法を提案してくれるので、とても好感がもてます。
それから、日本訪問歯科協会と連携するようになって、お食事前の口腔体操のメニューがバラエティに富み、退屈しないで取り組めるようになったのもよかったと思います。
お口の中を清潔に保つ口腔ケアは、健康のためにとても大切なことですから、今後も『お口の健康相談会』などを定期的に行いながら、きちんと取り組んでいきたいと思います。

ワンポイントアドバイス 今日から始める。簡単お口のケア!

高齢者の味覚障害味が薄くなった、味がまったくしない、何も食べていないのにいつも苦い味がする、など、味覚に対する違和感を訴える高齢者は少なくありません。
味覚は、舌の表面や口腔内の粘膜にある味蕾(みらい)という部分で感知します。味蕾の総数は年齢とともに減少し、高齢者では新生児の半分から3分の1程度になるといわれており、味覚の違和感や味覚障害は加齢による生理現象でもあります。
これ以外にも、入れ歯による刺激や、異物感や嫌悪感などの心理的な原因によって味覚障害が起こることもあります。また、薬の副作用や亜鉛の欠乏、口腔カンジダ症やドライマウスなどの口腔疾患、嗅覚障害による風味障害など、さまざまな原因があり、いくつかの原因が絡み合って発症することもあります。
お口の中の汚れや唾液の減少なども味覚を鈍らせる原因になるので、口腔ケアでお口の中を清潔にするよう心がけましょう。

発行/SOSデンティスト 一般社団法人 日本訪問歯科協会
〒101-0037 東京都千代田区神田西福田町4 ユニゾ神田西福田町ビル8F TEL:03-5297-5073 FAX:03-5294-1150

  • 患者の皆様へ 訪問歯科を申し込む
  • 介護事業者の方へ 「お口の健康相談会」を実施するには

Copyright©Nihon Houmonshika Kyokai All Rights Reserved.