1DAY集中研修コース(初級・中級)

  • 2017年3月19日(日)開催 ※満員御礼
  • 2017年9月3日(日)開催 ※満席のため受付終了
  • 2017年10月1日(日)開催 【残り3席】(8月21日現在)

上級・相互実習集中コース

  • 2017年4月9日(日)開催 ※満員御礼
  • 2017年5月14日(日)開催 ※満員御礼
  • 2017年6月25日(日)開催 ※満員御礼
  • 2017年7月9日(日)開催 ※満員御礼

この度、在宅歯科医療に必須とされるケア・リハビリテーションの実技研修コースを開設します。理論系座学は最小限にし、ケアとリハビリテーションの実務と実技に特化した研修です。講師は全コース、鶴見大学歯学部高齢者歯科学講座の菅 武雄先生にご担当頂きます。

訪問診療では摂食機能障害の患者さんの対応を求められることがあります。そのすべてのケースにVEが必要というわけではありませんが、実際に使えると非常に効果的なケースは少なくありません。例えば、VEを使うと嚥下状態の確認だけではなく、食事形態の決定、むせの分析、胃瘻患者の経口摂取の再開までの診断など幅広く対応できるようになります。このようなことから、摂食嚥下リハビリテーションに取り組む歯科医院ではVEを導入するところが増えています。このコースは「座学ではなく、しかるべき先生の下で、実際の現場でVEを使う方法を学びたい」という声にお応えするものです。

まずは、嚥下内視鏡検査(VE)実技研修コースに参加された方の声をお聞きください。

コースの概要

今回の実技研修コースは、2つのコースを設定しました。ひとつは歯科医師向けの4段階嚥下機能評価プログラム、もう一つはペア研修プログラムです。

1DAY集中研修コースで、嚥下内視鏡検査に関する必要知識と基礎技術を習得し、上級コースで人間への実技研修を行い、相互実習コースで自験例を増やしていく。初心者だけでなく、既に嚥下内視鏡検査をおこなっている先生方にも知識と技術の再確認のためにおススメする実践的な研修コースです。

ペア研修は、歯科衛生士との連携の強化、現場で自発的に行動できる衛生士の育成、訪問現場で求められる咽頭吸引の技術を習得できます。今後、嚥下内視鏡検査を導入していく医院にとって、これほどニーズに合致する研修会はないでしょう。

  1. 嚥下機能評価プログラム

    歯科医師対象のコースです。嚥下機能スクリーニングから精密検査、リハビリテーションプログラム(摂食機能療法含む)立案までを研修します。

    【1DAY集中研修コース】(初級・中級コースに該当します)

    1. 解剖(口腔、咽頭、鼻腔)
    2. 生理(呼吸含む)
    3. 評価方法(口腔ケアアセスメント、嚥下機能スクリーニング)
    4. 嚥下機能スクリーニング検査
    5. 嚥下機能精密検査の必要性判断
    6. 書式類の整備
    7. 検査依頼の手順と書式
    8. 検査環境の構築
    9. 機材の管理、消毒等メインテナンス
    10. ケアシュミレーターマナボットでの嚥下内視鏡検査実施研修

    【上級・相互実習集中コース】(初級・中級コースを終了していることが参加条件となります)

    1. 嚥下機能精密検査の実施
    2. 検査食のオーダーと作製
    3. 多職種連携の中での役割
    4. 被験者(人間)に対しての嚥下内視鏡挿入と評価
    5. 相互実習(10件の自験例を目標とする)
    6. 個別技術指導
    7. 嚥下機能評価
  2. ペア研修プログラム

    ペア研修プログラムは歯科医師と歯科衛生士のペアで研修します(ペア必須。歯科医師同士のペアでご参加いただく場合、歯科衛生士役と歯科医師役の交代は、時間の都合上できません)。

    歯科医師は歯科衛生士が実施したアセスメント結果から口腔ケアプランの立案と指示出しを研修します。その上でケアシミュレータを用いた内視鏡操作体験を実施します。

    歯科衛生士はケアアセスメントを基にした多職種連携ケアプランを立案し、プランを基に保湿ケア実習と口腔咽頭吸引研修を行います。吸引の様子を内視鏡で観察しながら行うことで、相互の連携研修が行えます。

    【ペア研修コース】(初級コースの一部抜粋および咽頭腔吸引研修となります)

    1. 解剖(口腔、咽頭、鼻腔)
    2. 生理(呼吸含む)
    3. 評価方法(口腔ケアアセスメント、嚥下機能スクリーニング)
    4. マネキン実施研修
    5. ペア研修時は歯科医師が内視鏡操作体験、歯科衛生士が口腔咽頭吸引の基本技術研修を行います。

お申し込みから参加まで

主催 一般社団法人 日本訪問歯科協会
講師 鶴見大学歯学部 高齢者歯科学講座 菅 武雄 先生
会場 株式会社デジタルクリエイト セミナールーム(東京都千代田区神田)
日程
  • 嚥下機能評価プログラム
    • 1DAY集中研修コース(初級・中級)
      ※昼食は各自ご用意ください。
      2017年9月3日(日)開催 【満席】
      【初級】10:00~13:00 / 【中級】14:00〜17:00
      ※受付終了
      2017年10月1日(日)開催 【残り3席】(8月21日現在)
      【初級】10:00~13:00 / 【中級】14:00〜17:00
    • 上級・相互実習集中コース
      ※昼食は各自ご用意ください。
  • ペア研修プログラム
    • ペア研修
      2017年開催予定
定員 各コース12名、ペア研修は6ペア(12名)
参加費
  • 嚥下機能評価プログラム
    • 1DAY集中研修コース(初級・中級) 150,000円(税別)
    • 上級・相互実習集中コース 150,000円(税別)
  • ペア研修プログラム
    • ペア研修 歯科医師と歯科衛生士の1ペア:120,000円(税別)
      ※歯科医師2名ペアでの参加も可能です。

お申込み方法

下記のフォームに必要事項を入力の上、申込みボタンをクリックして下さい。

お申込みの際の注意

  • このコースは、実習型のため、少人数制となっております。定員に達し次第締め切らせていただきます。
  • 受付メールの受信タイムスタンプの時刻で先着順とさせていただきます。受け付けられたか、受付られなかったかのご連絡は、お申込みの2営業日以内にメールにてご連絡いたします。
  • 銀行振込を選択された場合は、受付完了後に請求書を郵送いたします。期限までに参加料をお振込みください。期限を過ぎた場合には自動的にキャンセルとさせていただき、キャンセル待ちの方にご案内したします。クレジットカード決済を選択された場合は、受付完了のお知らせとクレジットカード決済のご案内をメールにてご連絡いたします。
  • ご入金確認後、参加票と会場地図をお送りいたします。参加票は当日会場へご持参くだい。
  • 受講料のご入金後、セミナー開催日の前日より16日目にあたる日以前までのキャンセル料は無料と致します。セミナー開催日の前日より15日目にあたる日以降は参加費用の30%、8日目にあたる日以降は50%、前日以降又は当日不参加の場合は全額申し受けます。
  • 当コースを受講されることが、診療報酬の内視鏡下嚥下機能検査および摂食機能療法の保険点数算定を保証するものではありません。ローカルルールがあり、一部の地域では算定が認められないこともあります。

お支払方法

クレジットと銀行振込が選べます。
ご利用いただけるクレジットカードは次のとおりです。

クレジットカードでのお支払いは、株式会社Cloud Paymentの決済代行サービスを使用しています。

お支払い方法は一括、リボ払い、分割(3,5,6,10,12,15,18,20,24回)がご利用可能です。
分割払いの回数につきましては、お客様とカード会社様とのご契約により異なりますのでご利用いただけない回数もございます。また、リボ払い、分割をご利用になると、クレジットカード会社によっては手数料がかかる場合があります。 詳しくは各クレジットカード会社へお問合せください。

決済情報はSSLで暗号化され、安全制を確保しております。Cloud Payment社のSSL証明書は ベリサインにて発行されております。カード使用明細には、日本訪問歯科協会の運営事務をおこなっている株式会社デジタルクリエイトの名称が記載されます。

嚥下機能評価プログラム(ご希望のコースをチェックしてください。)
1DAY集中研修コース(初級・中級)
2017年9月3日(日)【満席】
2017年10月1日(日)【残り3席】(8月21日現在)
1DAY集中研修コース(初級・中級)新規日程の優先案内を希望する
上級・相互実習集中コース
上級・相互実習集中コース新規日程の優先案内を希望する
※初級・中級の受講が必須となります。
ペア研修プログラム(ご希望のコースをチェックしてください。)
ペア研修コース
【2017年開催予定】
ペア研修コース新規日程の優先案内を希望する
お支払い情報
合計金額 0円
お支払い方法 クレジットカード 銀行振込
※クレジットカードでのお支払いは一括、リボ払い、分割(3,5,6,10,12,15,18,20,24回)がご利用可能です。
※分割回数は、お客様とカード会社様とのご契約により異なるため、ご利用いただけない回数もございます。
※リボ払い、分割をご利用になると、クレジットカード会社によって手数料がかかる場合があります。
お申し込み者様情報
お名前
メールアドレス
※携帯電話アドレス(ezweb.ne.jp / docomo.ne.jp / softbank.ne.jpなど)でお申し込みをされる方は「houmonshika.org」からのメールを受信できるようにドメイン指定受信の設定を行ってからお申し込みください。
郵便番号
住所
電話番号
FAX番号
医院名/事業所名
コメント
協会からのお知らせ 受け取る 受け取らない
6,439名の歯科医療従事者が購読している無料メルマガ「実践 訪問歯科メールマガジン」をお届けいたします。すでに当協会からのお知らせを受信している方は、「受け取らない」を選択されるとメール配信が解除されます。

Copyright©Nihon Houmonshika Kyokai All Rights Reserved.