今日から始める口腔ケア 高齢者の方にとって口腔ケアは、様々な病気の予防にもつながる非常に重要なことです。 また日課としてケアを行うことは、移動や上体を起こすという動作が、お年寄り自身の気分転換や在宅リハビリにつながり、心のケアにも有効です。まずは口腔ケアの基本を知ることから始めましょう。

口腔機能維持管理について

care02 2015年に改定された介護保険報酬には、歯科と関連する加算として、「口腔衛生管理体制加算」と「口腔衛生管理加算」があります。これらの加算は、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設が算定するものです。

口腔衛生管理体制加算 「口腔衛生管理体制加算」は、歯科医師又は歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が、介護職員に対する口腔ケアに係る技術的助言及び指導を月1回以上行っている場合、利用者ごとに1月につき30単位を算定します。

この加算を算定するには、施設において、歯科医師又は歯科医師の指示を受けた歯科衛生士の技術的助言及び指導に基づき、入所者または入院患者様の口腔ケア・マネジメントに係る計画書が作成されていることが必要です。

「口腔ケア・マネジメント計画書」は、個々の入所者の口腔ケア計画ではなく、事業所で1枚を作成します。

この計画書の“指示内容の要点”の部分以外は、一度作成すれば体制に大きな変更がない限り修正は不要です。“指示内容の要点”の欄は、施設側が毎月受けた指導・助言の内容の要点を記載します。

なお、「口腔衛生管理体制加算」は、歯科医院により歯科訪問診療料又は訪問歯科衛生指導料を算定した日の属する月であっても算定できますが、介護職員や入所者に対する助言・指導は歯科訪問診療や訪問衛生指導の実施時間外に行う必要があります。 

口腔衛生管理加算 新設された「口腔衛生管理加算」は、歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が、入所者に対し、口腔ケアを月4回以上行った場合に、当該利用者ごとに1月につき110単位を加算するものです。

ただし、口腔衛生管理体制加算を算定していない場合には算定できません。施設が口腔衛生管理加算に係るサービスを提供するには次の要件があります。

このサービスを実施する同一月内における医療保険による訪問歯科衛生指導の実施の有無を入所者又はその家族等に確認し、当該サービスについての説明と同意を得た上で行います。

入所者ごとに口腔に関する問題点、歯科医師からの指示内容の要点、口腔ケアの方法及びその他必要と思われる事項に係る記録(「口腔衛生管理に関する実施記録」)を作成・保管し、その写しを当該入所者に対して提供します。

歯科医師の指示を受けて口腔ケアを行う歯科衛生士は、口腔に関する問題点、歯科医師からの指示内容の要点、口腔ケアの方法及びその他必要と思われる事項を「口腔衛生管理に関する実施記録」に記入します。また、入所者の口腔状態により医療保険における対応が必要となる場合には、適切な歯科医療サービスが提供されるよう当該歯科医師及び当該施設の介護職員等への情報提供を的確に行います。

「口腔衛生管理加算」は、歯科医院が歯科訪問診療料を算定した月であっても算定できますが、訪問歯科衛生指導料を算定した月においては算定できないため、歯科医院との連携が重要になります。

Copyright©Nihon Houmonshika Kyokai All Rights Reserved.